WSL2,Windows Terminalとoh-my-zshの設定

私は最近、きれいなWindows10に私のラップトップを再イメージ化しました。 私はまだWindows10の上に私のLinuxセットアップを再セットアップする時間を取っていません。 この記事では、(新しい)Windowsターミナルとoh-my-zshと組み合わせてWSL2を設定する方法を説明します。

WSLはLinux用のWindows Subsystemの略です。 WSLは、Windows10にLinuxカーネルをもたらしました。 WSL2はWSLの新しいバージョンであり、現時点ではWindows insidersのみが利用できます。 カーネル呼び出しを変換するのではなく、Hyper-V上のmicro-VMで実行されるため、パフォーマンスが大幅に向上します。

新しいWindowsターミナルは、2019年のビルドでMicrosoftが発表した改良されたターミナルです。 複数のタブ付き端末を許可し、複数のランタイム(PowerDhell、WSL、クラウドシェル)に接続することができ、重くカスタマイズ可能です。

Oh-my-zshは、Linux端末をきれいにするための端末ツールです。 それはかなりの色の印刷を行うことができ、gitの状態などを表示します。

始めて、これを設定しましょう。

WSL2

WSL2を実行するには、Windows Insiderであり、少なくともバージョン18917以降でオンになっている必要があります。 Windowsのバージョンを確認するには、Windows Key + x を押してsystemをクリックします。 そこにあなたのWindowsバージョンが表示されます:

私のOSビルドはWSL2を実行するのに十分な高さです

WSL2を実行するには、Hyper-VとWSLの追加機能を有効にする必要があります。 両方を起動して実行するには、スタートメニューの”Windowsの機能をオンまたはオフにする”を探します:

Hyper-VとWSLをオンにする必要があります。

そのウィンドウで、HyperVとWindows Subsystem for Linuxの両方を選択してください。

Hyper-VとWSLを有効にします

それらが選択されている場合は、[OK]をクリックして、システムの再起動を実行します。

再起動後、私たちは先に行くと私たちのお気に入りのLinuxディストリビューションをインストールします。 Microsoft storeを開き、あなたのディストリビューション(私の場合はUbuntu)を探します。

私はUbuntuをインストールします18.04

[インストール]ボタンを押して、ダウンロードしてインストールするのに数分かかります。 インストールしたら、あなたのUbuntuを起動するには、”起動”ボタンを押してください。 これにより、インストールがトリガーされ、さらに数分かかります。

アプリがインストールされたら、実際のLinuxのインストールをトリガするために起動ボタンを押してください。

インストールが完了すると、ユーザー名とパスワードの入力を求められます。 それを記入すると、Linuxのインストールが完了します。

さて、このインストールをWSL1からWSL2に切り替えます。 これを行うには、(通常の)コマンドラインを開き、次のコマンドを実行します:

wsl -l -vwsl --set-version Ubuntu-18.04 2

これにより、WSL1がWSL2に変換されます。 次のコマンドを使用して、変換が成功したことを確認できます:

wsl -l -v

これで、WSL2の設定が完了しました。 次に、Windowsターミナルを設定します。

Windows Terminal

Windows Terminalをインストールするのはそれほど難しいことではありません。 単にmicrosoft storeに向かい、Windows Terminalを探して、installボタンを押してください。

これをインストールするのに数分かかると、端末を起動することができます。 ターミナルのデフォルトのシェルはPowerShellです。

これをWSL2に変更したいと思います。 これを編集するには、ターミナル設定ファイルに移動します。

これにより、設定ファイルが開きます。 Ubuntuの設定からGUIDをコピーし、defaultProfileに貼り付けます:

このファイルを保存し、端末をリロードします。 これでWSL端末が開きます。

ああ私のzshセットアップ

最後に、私たちは先に行くとああ私のzshを設定します。 前提条件の設定から始めましょう:

sudo apt updatesudo apt install git zsh -y

前提条件がインストールされていると、私たちは先に行くとOh my zshをインストールすることができます:

sh -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/ohmyzsh/ohmyzsh/master/tools/install.sh)"

これにより、シェルをzshに切り替えたいかどうかが尋ねられます。 ヒットはい。

次は、(あなたがそれのように感じる場合)手の込んだテーマを選択したいと思うでしょう。 agnoster のテーマは人気のあるものです。 テーマを変更するには、~/.zshrcファイルを編集し、そこにagnosterテーマを入力します。

今すぐ端末をリロードしてください。 あなたは、ビジュアルがまだ完璧ではないことがわかります。 私たちがやる最初の事は、あなたの端末の色の設定を編集しています。 これを編集するには、端末の設定ファイルを再度開きます。 私たちは二つの変更を行います:

  1. カスタムスキームを追加します。
  2. そのスキームをWSL端末にリンクします。

スキームを追加するには、次のコードをスキームに貼り付けます:

 "schemes": ,

次に、WSLの構成を探し、次の行を追加します: "colorScheme" : "wsl" :

 { "guid": "{c6eaf9f4-32a7-5fdc-b5cf-066e8a4b1e40}", "hidden": false, "name": "Ubuntu-18.04", "source": "Windows.Terminal.Wsl", "colorScheme" : "wsl" }

このファイルを保存して、端末を振り返ってください。 配色は今変更されている必要があります。 残りの最後のステップは、特殊文字を可能にするパワーラインフォントをインストールすることです。 これを行うには、管理者としてPowerShellウィンドウを開きます。 git cloneを実行できるフォルダに移動します。

mkdir c:/fontscd c:/fontsgit clone https://github.com/powerline/fonts.gitcd fonts.\install.ps1

その最後のステップは、あなたのWindowsインストールにフォントをインストールします。 端末に新しくインストールされたフォントを使用させるには、端末設定に別の行を追加する必要があります:

 { "guid": "{c6eaf9f4-32a7-5fdc-b5cf-066e8a4b1e40}", "hidden": false, "name": "Ubuntu-18.04", "source": "Windows.Terminal.Wsl", "colorScheme" : "wsl", "fontFace" : "DejaVu Sans Mono for Powerline" }

これは少し良く見え始めています。 私が個人的にしたい最後の変更があり、それは私のユーザー名の背景色を変更し、もはやマシン名を表示しません。 これを行うには、agnosterテーマファイル

vi ~/.oh-my-zsh/themes/agnoster.zsh-theme

を開き、行を変更します92:

prompt_segment green black "%(!.%{%F{yellow}%}.)%n"

それは次のように見えるはずです:

ファイルを保存し、新しい端末を開きます。 これは次のようになります:

私がここで変更したい最後のことは、Windowsのホームディレクトリではなく、Linuxのホームディレクトリ上でシェルを開くことです。 これを行うには、この行を~/.zshrcファイルに追加します。

cd ~

これにより、端末は次のようになります:

それは私が探していたものです。

概要

この記事では、WSL2、Windows Terminal、oh my zshを使用して開発環境を設定する方法を説明しました。 Oh my zshを設定するには多くの方法がありますが、私は個人的な味だけをカバーしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。