非開示契約に署名する前に知っておくべきこと

あなたはすでに非開示契約、より一般的にNDAsと呼ばれることについて一つか二つを知っているかもしれません。 これらの契約は、相手方との機密関係を確立することによって、ビジネスの企業秘密またはその他の機密情報を保護します。 また、機密情報の使用または開示方法を制限および制限します。 NDAは、顧客リストから拡大計画まで、あらゆるものを保護することができます–ビジネスが望むものは、競争上の経済的優位性を維持するために秘密にしておきたいものです。

NDAには何が期待できますか?

まともなNDAは、契約の目的のために機密情報を定義することから始まります。 これには、法的調査の過程など、この機密情報を公開することが許可されている状況が含まれる場合があります。 NDAはまた、受領当事者の義務を定めます。 これらの義務は、秘密を必要とすることに加えて、通常、あなた自身の記憶のために保存されたこの情報を含むものの破壊または返却を含む。 情報が特定の期間(たとえば、従業員の最終雇用日から5年後)にのみ源泉徴収される必要がある場合は、それも契約に含めます。

Ndaは何のためのものですか?

Ndaは長年にわたって人気が高まっており、任意の数の異なる状況に適用することができます。 NDAは、相互または一方的にすることができます。 それらは、独立した文書であるか、または雇用契約などの他の契約に含めることができます。 ここでは、非開示契約のための最も頻繁な使用のいくつかは、次のとおりです:

  • 従業員および独立請負業者契約:おそらく、すべての非開示契約の中で最も一般的なのは、ビジネスとその従業員および/または独立請負業者との間の 彼らは、機密情報や個人情報を扱う企業に特に人気があります。 しかし、伝統的な企業であっても、企業秘密を競争から守るのに役立つため、Ndaの恩恵を受けることができます。
  • Venture Capitalist or Investor Agreements:venture capitalistまたは他の潜在的な投資家からの資金を確保するためには、アイデアの妥当性に基づいてそれらを販売する必要があります。)それ以外の場合は、ロックとキーの下に保持されます。 代わりにNDAを使用すると、成功のためのあなたの計画を盗んでからライバルのスタートアップを防ぐことができます。
  • あなたがビジネスを行うものとの契約:あなたの従業員は、あなたのビジネスが稼働していると、あなたがNDAをしたいと思う唯一のものではありません。 また、あなたとあなたがビジネスを行うすべての当事者との間の契約を確立することを検討する必要があります。 これは、仮想またはそれ以外の会社のプロパティにアクセスできる場合、特にcseです。
  • 訴訟または仲裁合意:仲裁またはあからさまな訴訟に関与するものなどの公式の紛争中に、相互Ndaは、多くの場合、議論や交渉中に来る可能性のあるものを保護するために署名されています。

秘密保持契約書に署名すべきですか??

過去には、気付かずに機密保持契約を結んでいた可能性があります。 あなたは慎重に彼らが非開示の規定が付属しているかどうかを確認するために、任意の契約や文書を検討する必要がある理由です。 NDAに署名するように求められたら、署名する前にそれを読んでください。 その内容に問題がある場合は、相手と条件を再交渉することができるかもしれません。 あなたが署名する契約の内容を理解することは信じられないほど重要です。 しかし、あなたはまだ不確実な感じている場合は、地元のビジネス弁護士が使用されているはずです。

ビジネスを開始するか、あなたの現在のビジネスを成長させるために探していますか? 私達のウェブサイトを訪問するか、または727-279-5037を呼ぶことによってFL Patelの法律に今日連絡しなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。