自家製ぬか漬けステップ1:ぬか床–tallintokyo

もちろん、日本の台所の数々の驚異を楽しんでいますが、このブログのために写真を撮る機会がある前に、どういうわけか私たちは貪欲に私たちの顔を詰め込む傾向があります。 だから今、私は別のアプローチを試してみてください:自家製のもの。

オーストリアに戻って、私は発酵に魅了されました。 私は私が私の兄弟から得た10lガラス気球の小さいミードの生産から始まった。 これで私はかなり長い間満足していました。 カタリーナに会い、パンの彼女の愛について学んだ後、私は自分でそれを試してみることにしました-そしてそれを適切に行うために、私は自分のサワー種の文化を始めました。 この文化の傾向が成功した(と道に沿っていくつかの実際に食用のパンを作るために管理)の年後、私はケフィア、昆布茶、ピクルス、ヨーグルトなどに興味を持 私の研究中に私はまた、糠漬けに遭遇しました。 オーストリアでは米ぬかを手に入れるのは難しかったですが、日本で一度試してみることにしました。 だから今私はここにいて、それを試してみる時が来ました。

まずは: ぬか漬けとは何か、なぜ誰もがそれに興味を持っているのか分からない人はおそらく多くの人がいます。 漬物の日本語の用語は漬物であり、漬物はいくつかのサブカテゴリに分かれており、糠漬けもその一つである。 糠漬けとは、糠床と呼ばれる糠床で発酵させた野菜のことです。 それはそれが何であるかのためです。 なぜ誰もがそれに興味があるべきかという質問は、むしろ簡単に答えられます:このようなものはおいしいおかしくなっているからです!

だから今、興味深い部分のために:実際に糠漬けを作る方法。 まあ、実際にはそうではありません。 まず、糠床の作り方から始まり、後で野菜を発酵させる糠床です。 ああ、そして私が忘れる前に-これは私がこれを自分で試してみるのは初めてなので、この全体のレポートは塩の穀物で取られなければなりません。…

次のことが必要です:

  • コンテナ

  • 米ぬか

  • 非塩素水

  • スパイス(私は昆布と唐辛子を使用し、ニンニクもかなり人気があります)

  • 野菜くず

容器のために鍋物鍋を買いました。 私は認めなければなりません,これのための私の主な理由は、それのスタイルだったこと-しかし、それはすべての条件を満たしています:それは濡れたふすまと野菜を保持する必要があり、腐食しやすいか、簡単に酸によって攻撃されるべきではありません. また、それは空気をしっかり閉じない蓋を持っています。 基本的にどの陶磁器の鍋でもします-暗い場所でそれを保てばそうガラスはします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。