石油及びガス工学

重荷圧力は興味のポイントの上の覆う形成の総重量によって出る圧力として定義されます。 総重量は、細孔空間内の形成固体(岩石マトリックス)および形成流体の両方の合計重量である。 合わせられた重量の密度は見掛け密度(pb)と言われます。したがって、
重荷圧力は、関心深さの上にあるすべての材料によって加えられる静水圧として表すことができます:

θ ov=0。Pb=形成かさ密度(ppg)
D=真の垂直深さ(ft)
および同様にppgの勾配(EMW)と同様に、
θ ov=重荷圧力(psi)
d=真の垂直深さ(ft)
ここで、
θ ov=重荷圧力(psi)
d=:
(1.5)
σ ovg=過負荷勾配、ppg
pb=形成かさ密度(gm/cc)

(係数0.433はかさ密度をgm/ccからpsi/ftに変換します)
与えられた領域では、形成密度の変化のために過負荷勾配は深 これは、岩石学および細孔流体密度の変化に起因する。 さらに圧縮の程度およびこうして形成密度は、重荷の増加による深さと増加する。
岩石学的および間隙流体密度を変化させる場条件下での過負荷勾配を計算するための有用な式は、次のように与えられる:

式(1.6)の密度は、通常のppgの単位ではなく、gm/ccで表されます。 石油産業を除いて、他のすべての産業は、密度が通常gm/ccで表される単位のメートル法を使用しています。 石油産業は、その測定値の多くを他の産業から借りています。
代表的なマトリックスと流体密度のリストを以下の表1.1に示します:

密度をgm/ccからpsi/ftの勾配に変換するには、次のようにします:

勾配(psi/ft)=0.433x(gm/cc)) (1.7)
psi/ftからppgへ変換するには、次を使用します:
密度(ppg)=勾配(psi/ft)) / 0.052 (1.8)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。