屋外リセットが到着しました

“屋外リセット”は、あなたがそれを好きではない場合は、天気を変更することができるように少し聞こえます。 それが本当だったら! しかし、あなたの顧客のために、それは次善の策かもしれません—今起こっている天候のために十分な熱のために支払う方法ですが、常に月に最も寒い夜

見積もりでは、伝統的なボイラーの水温は年間約10日しか必要としていません。 暖房シーズンの他の80%は、より低い水温に満足するでしょう。

屋外リセットの目的は、快適さを犠牲にすることなくエネルギー使用とコストを削減することです。 コントローラーは屋外の温度がより暖かいときボイラー水温を下げ、屋外の温度がより冷たいとき増加します。

屋外のリセットは、住宅所有者に理にかなっています。 エネルギー法案を減らすことに加えて、低い水の温度も暖かさではなく、あまりにも暑いのスパイクを意味することができます。 そして熱い土台板のかちりと言う音の騒音は最小になります。 放射床暖房では、熱く、冷たい点は減ります。

まだ多くの配管工と暖房技術者はまだ屋外のリセットに抵抗しています。 最初はこの一見これは不可解です。 屋外の調整はほとんどの新しいボイラーと来る。 最小限に、それは屋外センサーターミナルに屋外センサーを配線し、屋外に置くことの問題である。 そしてここに大きい1はあります:ボイラー効率と90%はボイラーが凝縮できるように水温が下げられなければ、得ることができません。

慣習的な鋳鉄のボイラーに容易で、安価な選択として屋外の調整がある。 含まれていて余りに涼しい帰り水に対する保護はである。 より古いボイラーのために、改装の屋外の調整制御は四百ドルの問題である。 自家所有者に、それは少なくとも15%の写し出された省エネのための非常に簡単ではない。

だから、追加コストがないか低いか、インストールの難しさがほとんどなく、より多くのお金を稼ぐ機会があれば、異議は何ですか?

異議第1号:コールバックの恐怖。 自家所有者がボイラー温度があるべきであるより低いことに気づけば何か。 自家所有者が月にボイラーをテストしようとすると、ボイラーが来ない場合はどうなりますか? これらのいずれかが発生した場合は、住宅所有者に、屋外リセットと呼ばれるお金を節約する機能があり、正常に実行されていることを思い出させ

異議第2号:ボイラーの男はボイラーを走らせたい。 屋外の調整は熱することが要求されないときそれを動かさないようにします。 屋外の調整はまた水温があるために仮定されるものの確実性を取り除く。 完全なボイラー温度は制御が屋外の温度に基づいてそれを変えるので同じ常にではないです。 事は、住宅所有者ではなくお金を節約するだろうです。

異議なし3: 屋外の調整は新しい考えです。 それは新しいアイデアではありません。 熱水および放射暖房のためのSarcothermの天候制御は1930s.Theハネウェル社T475に何十年もの間商用アプリケーションで首尾よく使用されました現われました。

異議第4号:屋外リセットはボイラーに有害である。 高性能の凝縮のボイラーのために、屋外の調整は最高のエネルギー効率のために必要である。 高性能は低い帰りの水温に左右される。 慣習的なボイラーは最低の水温の設定によって保護される。

異議第5号:屋外リセットは複雑です。 リセット比とリセット曲線を計算する必要があるために使用される屋外リセット制御を設定します。 あなたはまだその苦しみを通して自分自身を置くことができますが、それはもう必要ではありません。 コントローラは、デフォルト設定が付属していますので、誰もそれが最小限に動作するようにすべての情報を入力する必要はありません,これは、すべてではないよりも住宅所有者のために優れています.

しかし、屋外リセットを行うことは非常に簡単です。 屋外センサーを接続した後、設計温度(ASHRAEデータから得られる)、最低水温、最高水温の3つの情報を入力する必要があります。 ところで、設計温度は、過去3〜5年間の通常の低温です。 それは誰もが覚えていることができる最低の温度ではなく、風の寒さは含まれていません。

これら三つの質問に答えると便利です。 1. 水は通常の寒い日にどのような温度にする必要がありますか? 2. 家に行くべきである最も熱い水は何であるか。 これは余りに熱いので放射上の堅木張りの床が木を傷つけることができれば非常に重要である。 3. どのような屋外温度で熱はもはや必要ありませんか?

異議第6号: あなたがそれを必要とするときに暖かい天候シャットダウン(WWSD)は、熱をオフにします。 WWSDは、外が暖かくなると、内部に熱が必要ないと仮定しています。 コントロールにデフォルトの温度がありますが、それを調整することができます。

異議第7号:国内のお湯(DHW)は十分に熱くなりません。 DHWのために、その選択を選べばボイラーは国内熱湯を作るためにより熱い温度に蹴ります。 ボイラーはより低い調整の温度に国内熱湯が満たされれば戻ります。

異議第8号:用語は混乱している。 屋外のリセットの話では、新旧の用語の両方がオフになっていることがあります。 ここにいくつかの翻訳があります。

リセット比については、もうそれを把握する必要はなく、コントロールはそれを把握します。 しかし、ここでは昔のタイマーが話していることです。 調整の比率は屋外の温度変化の各ある程度のためのボイラー温度変化のある程度です。 1:1の比率は、外部の落下のあらゆる程度のために、あなたはボイラーの水温の上昇の程度を得ることを意味します。 1-1/2の比率:1は1-1/2度の屋外の温度の落下が1度の水温の上昇で起因することを意味します。 1:1-1/2の比率は屋外の温度の落下の各程度のための1-1/2度の水温の上昇を得ます。

リセットカーブももう理解する必要はありません。 リセット曲線は、グラフ上にプロットされたリセット比です。 それは実際にはある角度の直線です。 ボイラー水温の増加の六十度は30度より急なカーブを作ります。 正しい曲線を選択するには、曲線の片側の屋外設計温度を、曲線の反対側の必要な温度の水と一致させます。 多くのコード関係者は現在、許可プロセスの一環として熱損失計算を必要としています。 設計温度は、通常、熱損失計算に示されています。 ここに精通しているいくつかの用語があります:

  • 入力、新しい用語は、単に入力することを意味します”あなたの希望の温度を入力します。”
  • パラメータ、別の新しい用語は、単なる設定です。 たとえば、最大ボイラ温度パラメータは、単に最大ボイラ温度です。 “パラメータを入力する”は、”温度を設定する”に変換されます。”
  • アルゴリズムは、製造業者が電子制御に入れて、それがするべきことを行うようにする数式です。 我々はそれを変更したり、それを修正することはできませんし、それが何であるかを知ることはありませんので、それを心配する必要はありません。

アウトドアリセット入荷しました! それは事実上あらゆるボイラーと来る。 それは彼らのエネルギー法案を削減するので、住宅所有者はそれを好きです。 それはまた、彼らの熱をより均一で快適にし、時には静かにします。 ボイラー製造業者は高性能のボイラーの効率を高め、慣習的なボイラーに害を与えないのでそれを好む。 配管工や暖房技術者もそれを好きなのはなぜですか? それは彼らが望むものを住宅所有者に提供するための簡単で安価な方法であり、彼らはあなたと彼らの両方の請求書を支払うものです。

キャロル-フェイは、南極で暖房技術者として働いてきた学位を取得した技術トレーナーです。 彼女はHVAC工業のための5冊の本を特に出版した。 彼女のウェブサイトは: www.carolfey.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。