子供の親権の移転

移転子供の親権と移動-Aways

問題

子供を持つ夫婦が正式な離婚手続を経たとき、親が合意に達することができない場合、子供の親権と移転の問題は裁判所によって決定されなければならない。 大まかに言えば、親権の取り決めには、単独親権と共同親権の二つのタイプがあります。 いずれの場合も、一方の親は通常、子供の唯一の物理的な親権を授与され、他方の親は特定の訪問と飼育権を保持します。 しかし、これらの親権の取り決めは、子供と一緒に移転したいという親の欲求によって複雑になる可能性があります。 ミシガン州やアリゾナ州のようないくつかの州では、子供と一緒に別の州または州内の100マイルに移転する前に、親が他の親の同意または州の裁判所 潜在的な移動と子の移転の高度な通知も必要です。 それらを遵守するために失敗は、子の親権の移転に基づき有利な親権の配置を得ることの彼らのチャンスを危険にさらすことができますので、親

親権移転訴訟

子供の親権移転法はニューヨークで非常に厳しいです。 彼または彼女はマイナーな子供と一緒に移動をしたい場合は、親は裁判所を通過する必要があります。 親が潜在的な子供の移転の詳細に同意できない場合、移転の問題は裁判所によって再検討されなければならず、一般的に子供の”最善の利益”に基づい 非常に多くのガイドラインと基準は、この問題の決定に裁判所を支援するために存在するが、それは一般的に裁判官が感じているか、子供の”最善の利 このため、潜在的な移転のいずれかの端にある親が、問題が提示されるとすぐに有能で経験豊富な法的代理人を雇うことが重要です。 早くあなたが法的戦略を作成することができます、より良いあなたのチャンスは有利な決定を得ることになります。 また、批判的に移動したり、移動を争うためにあなたの決定を検討することが重要です。 あなたの決定が他の親を傷つける欲求によって運転されれば、または子供の本当の最上の利益で行動するための誠実な努力をしていなければ、あなたの親の権利をあなたの子供の親権の再配置のための好ましくない裁判所の決定の結果として削減されて持っていることのよいチャンスを立てる。

最近の動向

父親の権利擁護者はその原因を進める上で進歩していますが、母親は依然として大多数のケースで親権を与えられています。 全国では、この傾向は、子供の移転を中心に展開する法律の急速に発展し、熱く争われた領域を作成しました。 一般的に言えば、競合は、父親の異議の上に移転する母親の権利を超えています。 通常、父親は、母親が移転が子供の生活を改善することを示すことができない限り、子供の移転を遅らせるか、または完全に防ぐことができます。 これは、州間の傾向が両方の親からの関与を好む推定に向かっていたためです。 しかし、この傾向の反対者は、母親が移転して子供たちと新しい生活を始める権利を維持し、憲法上の旅行権を含む新しい法的戦略を彼らの立場の正当化として採用している。

ニューヨーク市の非常に有能な家族弁護士–Julia Vangorodskaに連絡してください。 彼はあなたのケースで利用可能なすべての法的オプションを提供します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。