子供のためのポールFloryの事実

子供のためのクイック事実
ポール*ジョン*フローリー

ポール-フローリー1973年。jpg

フローリーイン1973

19, 1910

9月、1985年(享年)死去。75)

国籍

米国

母校

マンチェスター大学(インディアナ州)とオハイオ州立大学

ポリマー

ノーベル化学賞(1974年)
プリーストリー-メダル(1974年)
パーキン-メダル(1977年)
エリオット-クレソン-メダル(1971)

科学キャリア

フィールド

物理化学

機関

デュポン、スタンフォード大学、カーネギーメロン大学、コーネル大学

博士顧問

ヘリックL.ジョンストン

ポール*ジョン*フローリー(June19、1910–1985年9月9日-)は、アメリカ合衆国の化学者、ノーベル賞受賞者である。 彼はポリマー、または高分子の分野で働いていました。 彼は、ポリマーが溶液中でどのように溶解するかを理解する上で主要な先駆者でした。 彼は1974年にノーベル化学賞を受賞した”高分子の物理化学における理論と実験の両方の基本的な成果のために。

伝記

初期の生活

彼は1927年にイリノイ州エルジンのエルジン高校を卒業しました。 1931年にマンチェスター-カレッジ(インディアナ州)で学士号を取得し、1934年にオハイオ州立大学で博士号を取得した。 彼の最初のポジションはウォレス・キャロザースとデュポンであった。

ポリマー科学

ポリマー科学におけるフローリーの初期の研究は、デュポン実験所の重合速度論の分野であった。 縮合重合を研究しているほとんどの化学者は、高分子が成長するにつれて末端基の反応性が減少すると信じていた。 フロリーは、反応性はポリマーのサイズとは無関係であると主張した。 彼は、存在するポリマー鎖の数が指数関数的にサイズとともに減少することを示した。

Floryは付加重合の研究に連鎖移動の重要な概念を導入しました。 これにより、化学者の運動方程式の理解が改善されました。 また、化学者がポリマーのサイズの分布を理解するのにも役立ちました。

1938年、カロザースの死後、フローリーはシンシナティ大学の基礎科学研究所に移った。 そこでは、2つ以上の官能基を持つ化合物の重合のための数学的理論を開発しました。 彼はまた、高分子ネットワークまたはゲルの理論を開発しました。

1940年、彼はスタンダード石油開発会社のリンデン、ニュージャージー州の研究所に入社しました。 彼はそこでポリマー混合物の統計的機械理論を開発した。

1943年、彼はgoodyear Tire and Rubber Companyの研究所にポリマー基礎に関するグループの責任者として入社しました。 1948年の春、コーネル大学の化学部門の会長であったピーター・デバイは、フローリーをベイカーの年次講義に招待した。 その後、同年秋に教員に就任した。 コーネル大学では、フロリーはベイカーの講義を拡大し、1953年にコーネル大学出版局から出版された高分子化学の原則(マグナム-オーパス)に洗練した。 これはすぐにポリマーの分野のすべての労働者のための標準的なテキストになり、今日まで広く使用されています。

フロリーは、ポリマーに除外体積の概念を導入しました。 (Werner Kuhnはすでに1934年に分子一般の用語を発明していました。)「除外された体積」は、長鎖分子のある部分が同じ分子の別の部分によって既に占有されている空間を占有することができないという考えを指す。 除外された体積は、溶液中のポリマー鎖の末端が、除外された体積が存在しない場合よりも(平均して)さらに離れていることを引き起こす。 除外された体積が溶液中の長鎖分子を分析する上で重要な要因であるという認識は、重要な概念的なブレークスルーを提供した。 除外されたボリュームは、その時のいくつかの不可解な実験結果を説明した。 それはまた、除外された体積効果を中和させる実験を行うことができる条件のセットであるシータ点の概念にもつながった。 シータ点では、チェーンは理想的なチェーン特性に戻り、除外されたボリュームからの長距離相互作用は排除されます。 これにより、実験者は、構造幾何学、結合回転ポテンシャル、近隣のグループ間の立体相互作用などの短距離の特徴をより簡単に測定することができます。 Floryは、シータ点で実験を実行する別の利点を教えました: ポリマーメルトの鎖の寸法は、理想的な溶液中の鎖について計算されたサイズを有するであろう。 これは、除外された体積相互作用がシータ点で中和されるために機能します。

彼はまた、良好な溶液中のポリマーの可能性のあるサイズを計算するための独自の方法を発明しました。 彼はフローリー・ハギンズ解法を発明した。 彼は溶液中のポリマーの動きを特徴付けるのに役立つFlory指数を導出した。

フローリーはパーキン-メダルとプリーストリー-メダルを獲得した。

Flory convention

高分子中の原子の位置ベクトルをモデル化する際には、デカルト座標(x、y、z)から一般化された座標に変換する必要があることが多い。 関係する変数を定義するためのFlory規約が通常採用されています。 例えば、ペプチド結合は、この結合中のすべての原子のx、y、z位置によって記述することができるか、またはFlory慣例を使用することができる。 ここでは、結合長l_i、結合角\theta_i、および二面角\phi_iを知っている必要があります。 三次元構造は,デカルト座標から一般化座標へのベクトル変換を適用することにより,Flory規約を用いて記述することができる。

晩年

彼は1961年にスタンフォード大学の教授になった。 1966年にはジャクソン=ウッドの教授となった。 1975年にスタンフォード大学を退職した。 彼は1974年にノーベル化学賞を受賞した”高分子の物理化学における理論と実験の両方の基本的な成果のために。”彼は引退後も活動を続け、数年間IBMのために相談しました。 彼と彼の妻エミリー・キャサリン・タボール(現在は死んでいる)には、スーザン、メリンダ、ジョンの3人の子供がいた。 スーザンにはエリザベスとメアリーの二人の子供がいる。 エリザベスにはケイティ-グリア、マーガレット-グリア、サム-グリアの三人の子供がいる。 ポール-J-フローリーは1985年にカリフォルニア州ビッグサーで心臓発作のため死去した。

  • フローリー、ポール。 ら(1 9 5 3)Principles o f Polymer Chemistry. コーネル大学出版局。 ISBN:0-8014-0134-8.
  • フローリー、ポール。 (1969)鎖分子の統計力学。 インターサイエンス ISBN:0-470-26495-0. 1989年に再発売された。 ISBN:1-56990-019-1.
  • フローリー、ポール。 (1985)ポールJ.フローリーの作品を選択しました。 スタンフォード大学出版局。 ISBN:0-8047-1277-8.

ヴァン-ト-ホフ(van’t Hoff,1901年-)は、ドイツの作曲家。 フィッシャー(1902年)·アレニウス(1903年)·ラムゼイ(1904年)·フォン-ベイヤー(1905年)·モアッサン(1906年)·ブフナー(1907年)·ラザフォード(1908年)·オストヴァルト(1909年)·ゲルディング(1910年)·キュリー(1911年)·グリニャール/サバティエ(1912年)·ヴェルナー(1913年)·リチャーズ(1913年)1914)·ウィルシュテッター(1915)·ハーバー(1918)·ネルンスト(1920)·ソディ(1921)·アストン(1922)·プレgl(1923)·ズシグモンディ(1925)

Svedberg(1926)*Wieland(1927)·Windaus(1928)·Harden/von Euler-Chelpin(1929)·H. Fischer(1930)•Bosch/Bergius·1931)•Langmuir(1932)•Urey(1934)•F.Joliot-Curie/I. Joliot-Curie(1935)·Debye(1936)·Haworth/Karrer(1937)·Kuhn(1938)·Butenandt/Rušička(1939)·de Hevesy(1943)·Hahn(1944)·Virtanen(1945)·Sumner/Northrop/Stanley(1946)·Robinson(1947)·Tiselius(1948)·ジャウケ(1949年)·ディールス/アルダー(1950)

マクミラン/シーボーグ(1951)·マーティン/シンゲ(1952)*スタウディンガー·1953)·ポーリング(1954)*デュVigneaud·1955)*ヒンシェルウッド/セミョノフ(1956)·トッド(1957)*サンガー·1958)*ヘイロフスク(1959)·リビー(1960)*カルヴィン (1961)·Perutz/Kendre Bader(1962)·Ziegler/Natta(1963)·Hodgkin(1964)·Ottood Dekard(1965)·Mulliken(1966)·Eigen/Norrish/Porter(1968)·Barton/Hassel(1969)·Leeloir(1970)·Herzberg(1971)·Anfinsen/Moore/Stein(-1972年)は、日本の元Av女優。 フィッシャー/ウィルキンソン(1973)*フローリー(1974)*コーンフォース/プレログ(1975)

リップスコム(1976)·プリゴジン(1977)·ミッチェル(1978)·ブラウン/ウィッティグ(1979)·ベルク/ギルバート/サンガー(1980)·福井/ホフマン(1981)·クルーグ(1982)·タウベ(1983)·メリフィールド(1984)·ハウプトマン/カール(1985)·ハーシュバッハ/リー/ポラーニー(1986 1987)·Deisenhofer/Huber/Michel(1988)·Altman/Cech(1989)·Corey(1990)·Erst(1991)·Marcus(1992)·Mullis/Smith(1993)·Olah (1994年)·Crutzen/Molina/Rowland(1995年)*Curl·Kroto/Smalley(1996年·*Boyer·Walker/Skou(1997年)*Kohn/Pople(1998年)*Zewail(1999年)·Heeger/MacDiarmid/白川(2000)

ノウルズ/ノヨリ/シャープレス(2001)·フェン/田中/ヴュートリッヒ(2002)·アグ/マッキノン(2003)·シチェノーバー/ハーシュコ/ローズ(2004)·Grubbs/Schrock/Chauvin(2005)·Kornberg(2006)·Erl(2007)·Shimomura/Chalfie/Tsien(2008)·Ramakrishnan/Steitz/Yonath(2009年)·ヘック/根岸/鈴木 (2010)·シェクトマン(2011)·レフコヴィッツ/コビルカ(2012)·Karplus/Levitt/Warshel(2013)·Betzig/Hell/Moerner(2014)·Lindahl/Modrich/Sancar(2015)·Sauvage/Stoddart/Feringa(2016)·Dubochet/Frank/Henderson(2017)·Arnold/Smith/Winter(2018(2019年)·Goodenough/Whittingham/Yoshino(2019年)·Charpentier/Doudna(2020)

ノーベル化学賞受賞者
1901-1925 1926-1950 1951-1975 1976-2000 2001–プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。