ポールV,教皇

教皇:May16,1605,To Jan. 23,1621;B.Camillo Borghese,ローマ,イタリア,Sept. 17, 1552. カミッロの家族はシエナ人であり、シエナの聖カタリナと遠い関係を辿った。 彼の教会のキャリアは、パドヴァとペルージャで法学の研究から始まりました。 彼は1593年にスペインのフィリップ2世の臨時使節に任命され、1596年に枢機卿と1603年にローマの牧師を作成しました。 1605年のコンクラーヴェでは、最年少の枢機卿であったが、彼は妥協の選択となった。 法律に対する彼の尊敬は、彼を論争の中で曲げられない敵にしたが、縁故主義の耽溺から彼を妨げるものではなかった。 彼の甥であるスキピオネ・カファレリ・ボルゲーゼには、1605年に枢機卿団(cardinalate)を与え、多くの恩恵と国家の事務局を与えた。

教皇として、パウロはローマの街に大きな関心を持った。 彼の名前はサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の礼拝堂を通してそこで永続化されており、彼の遺体は

が聖で一時的に埋葬された後に埋葬された。 ピーターの、そして彼の甥、枢機卿Scipione Cafarelli Borgheseによって古代の壁の外に建てられたヴィラBorgheseを介して。 ローマの更新のための彼の計画は、聖ペテロの身廊の延長、ファサードの建設(マデルノによって設計された)、バチカン宮殿への追加、二つの水道橋の修復、ポンテシスト、サンアンジェロ城、サンピエトロ広場のものを含む多くの噴水の建設をもたらした。 彼は貧しい人々のための穀物倉庫(1606年)を設立し、教皇国の農民を支援するために、1611年10月19日に信用機関を設立しました。

パウロは、教皇就任の間、三つの重大な国際的な宗教的問題に直面しました。 第一に、ドイツにおけるカトリック教徒とプロテスタントの間の宗教的敵意の復活は、1618年に三十年戦争の始まりにつながった。 彼はカトリック連盟の助成金を支援しました。 その後、イングランドのジェームズ1世は、支配者を退位させるという教皇の主張を非難する新しい宣誓を臣民から要求した。 パウロはこの誓いを1606年9月22日に、そして翌年に再び非難しました。 最後に、ヴェネツィア共和国が司教と修道院長を世俗裁判所で裁判にかけることによって教会の権利の簒奪を増加させる政策をクライマックスしたとき、枢機卿アレッサンドロ-ルドヴィジ、将来のグレゴリー xvは、和解を交渉するためにヴェネツィアに送られた。 1606年4月17日から1607年4月21日まで、ドージェとその上院議員に破門が行われた。 テアトル、カプチン、イエズス会は追放されたが、聖職者の残りの部分は教皇の制裁を無視し、政府を支持した。 この分裂はフランス王アンリ4世の仲介によって終結した。

パウロ5世の教皇就任の間、コペルニクス体系はピサのガリレオ・ガリレイによって再び提案された。 主に、科学者が聖書の解釈に疑問を呈した沈殿様式のために、地動説は索引の会衆によって否定的な判断を受け、慶長5年(1616年)。

パウロの治世の成果の中には、1614年6月20日のRituale Romanumの出版、中国伝道部の典礼における文学中国語の使用の許可(後に神聖なCongregation de Propaganda Fideの創設後に中断)、および恵みに関連する係争中のトピックのさらなる議論の上で1607年9月5日の禁止があった。 彼はラテンアメリカの教会、特にパラグアイのイエズス会の発展に関心を示した。 彼はバチカン図書館に多くのボリュームを与え、学者であること、彼は大学で彼らのメンバーにラテン語、ギリシャ語、ヘブライ語、アラビア語を教えるために宗教的な命令を指示しました。 彼はまた、聖なる参照の文書を保存するためのアーカイブを提供しました。 パウロは聖人崇拝を推進し、1610年11月1日の二重の儀式でローマのチャールズ・ボロメオとフランシスを列聖した。 彼はロヨラのイグナティウスとフランシス-ザビエルを、温和なフィリップ-ネリとアビラの神秘的なテレサと一緒に列福しました。 1612年2月24日、彼はフィリップ・ネリによって設立された礼拝堂の会衆を承認し、1613年5月10日にはピエール・ド・ベルルの同様のフランスの礼拝堂を承認した。 彼の励ましにより、1618年に聖マウルスのベネディクト会衆が結成され、最初の訪問修道院は聖フランシス・デ・サレスと聖ジェーン・フランシス・デ・シャンタルによって組織された。 ポールはまた、1610年にフランス王ヘンリー四世の裁判所で教皇を代表するために聖ヴィンセント*ド*ポールを委託しました。

参考文献:p.paschini and v.monachino,I Papi nella storia,2v.(Rome1961)2:682-687. l. 牧師、中世の終わりからの教皇の歴史、(ロンドン–セントルイス1938-61)v.25と26。 l.marschal,Dictionnaire de théologie catholique,ed. a.vacant et al.,15v.(Paris1903–50;Tables générales1951-)12.1:23-27,full bibliog. f.x.seppelt,Geschichte der Päpste von den Anfängen bis zur Mitte des20Jh.(ライプツィヒ1931-41)5:248-268。 i.begazzi,Memoriale di Pierto di Vincenzo Strozzi(Florence1986). r.ヴォルフガング,Papstfinanz und Nepotismus unter Paul V(シュトゥットガルト1974). p.sarpi,Considerazioni sopra le censure di Paolo V(トリノ1977). r. フェルドヘイ、ガリレオと教会(ニューヨーク1995)。 s.f.ostrow,反宗教改革ローマにおける芸術と精神性(ニューヨーク1996).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。